メイン : サーブ : 

カテゴリ: サーブ
タイトル: プレッシャーサーブ  人気 回閲覧:18267
説明   サーブは個人技でなおかつ、重要性の高いプレーの1つだと思います。
また、得点により打つサーブの種類や強さ、位置、時間などを変えたりして、得点をしやすいような方法をとるのも1つです。
残りの1つはそのときの展開により、個人差はありますが、プレッシャーが大きくのしかかるため、試合の状況を作ることは難しいですが、
例えば、コートのエンドラインに部員を配置し、順番を決め全員のサーブが3周入るまで終わらないなど。
想定は両チーム20点以降。
これも基本的にサーブが入るようでないと難しいですが、回りからの声援などで気持ちが盛り上がる効果もあります。
逆効果も心配はありますが、サーブの連続打ちなどで、繰り返し練習し、自信をもてるようになれば問題は無いと考えます。
掲載日: 2006-7-28


:: サイトメニュー
:: オススメ書籍

一見すると本書は、書店でよく見かける、大昔の常識をそのまま載せた入門書の仲間ようにも見えます。しかし、内容の誠実さは群を抜いて素晴らしいものがあります。

肩書きだけの入門書(元全日本など)とこの本とを同じようなものだと考えると、バレーボール人生において損をすることになるでしょう。

書店にも良く置いてありますのでぜひ一度手にとってご覧下さい。

『基本から戦術まで バレーボール』についての詳しい書評やコメントの投稿はこちら

:: アクセスカウンタ
今日 :325
昨日 :718
総計 :4101552
平均 :1003
taquino.net
:: スポンサード リンク