メイン : 体力トレーニング : 

カテゴリ: 体力トレーニング
タイトル: 遊びを入れたアップトレ  人気評価: 7.00  回閲覧:20497
説明   小学校の体育館などで、バスケットのゴールにオーバーで2回入ったら次のゴールへ、それが4箇所。
次にサーブを打ったら自分で球を拾い、もう1本。
次にカラーコーンなどの障害物を置いて、ジグザグドリブル。
次に、跳箱1〜2段を5つくらい置いて連続跳びを2回。下にマットは敷きます。
次に、腹筋20・背筋20・腕立て10を2セット。ろくぼく等
で。
これを全員で周回をする。人数が多い場合はスタート位置をずらせば、分散できます。
周回する事により、競争心が生まれ、疲れているが負けたくないと言う気持ちが上回ります。
また、急いでる中でも慎重性を欠くとオーバーがゴールできなかったり、サーブをミスしたりするので、勢いだけでは無い事も理解させます。
体育館の広さ等により、回数を増減、何かを追加したりすれば、良いのではと思います。平均台なんか良いかも。なわとびも。
平均評価: (1) (10)
掲載日: 2006-7-30
投稿者: sofia on 2006-8-22
総合評価: カテゴリ毎の評価: 7 7
説明  サーキットトレーニングの1種ですね。

子供たちにとっては単調なアップを、比較的楽しみながら行えることは、良い点だと思います。

ただ、サーキットのメニューに、腕立て、腹筋等の筋トレを入れると、特に競争になった場合、いいかげんになりがちなのが、デメリットではないでしょうか。



:: サイトメニュー
:: オススメ書籍

セリンジャーのパワーバレーボール

¥4,893 (税込)

バレーボールの辞書的教科書です。著者はオリンピック銀メダル監督で、現パイオニアレッドウィングス監督をされているアリーセリンジャー氏です。そしてこの本はその堂々たる経歴に劣らない優れた内容を持っています。
セリンジャーのパワーバレーボールについての詳しい書評やコメントはこちら

:: アクセスカウンタ
今日 :40
昨日 :246
総計 :4228071
平均 :993
taquino.net
:: スポンサード リンク