スプリットステップの練習法(案)

先日アップした「移動の本質とスプリットステップ」の最後にも書きましたが、やはり導入が難しい場合があるようです。ここは何か練習法を提案しなくてはなりません。

ところが私にはなんの指導経験もありません。もちろん指導理論に精通しているわけでもありません。そこで、「学ぶは真似ぶ」という格言を頼りに、ここでも東龍の片下選手を参考に練習法を考えてみました。

その名もぴょんピョンポンレシーブです。

ぴょんピョンポンレシーブの説明

まずは簡単に説明してみましょう。 ぴょんピョンポンレシーブの足運び図

図で足の運びはだいたいわかると思います(青丸が右足、赤が左足です。1〜4の着地はほぼその通りで構いませんが、5と6はあくまで着地予定地です)。球出し人は、選手が正面にピョンと跳んで来たときにポールを投げ、拾わせます。導入初期は左右にランダムにボールを出してあげると良いでしょう。上達してきたら前も含めさらに後ろも入れても良いでしょう。

このドリルのポイントは球出しのタイミングです。選手はピョンと跳ぶとき、5と6の足運びの着地は同時に着地することも出来る体勢をつくります。そして球出しのタイミングは、この着地で接地点移動を兼ねることができるタイミングです。本来のスプリットステップはタイミングをレシーブ側が合わせなければなりませんが、このドリルでは球出し人が合わせてあげます。こうすることにより、自然と接地点移動を兼ねた着地+素早い一歩目が引き出されるのではないかと考えています。

ぴょんピョンポンと跳ぶリズムは、遊びのケンケンパにとても近いです。しかしケンケンパは「パ」の着地で動きが止まってしまうので、あまり選手が意識するのは望ましくありません。「ポン」と弾んで一歩目が出るのが目標だからです。

ステップについて図を補足します。数字のとおり足を移動していくのですが、1と2、および3と4の着地はあまり時間差がないようにします。離地についても同じです。

5と6の矢印の動きが「スプリットステップ」なので、リラックスして徐々に脚が開いていきせます。そしてここが大事なのですが、5と6の着地は接地点移動を兼ねたいので、選手にとって右にボールを出したときは左足から着地、左にボールを出したときは右足から着地するのを球出し人は確認します(※1)。それが出来ていないなら、球出しのタイミングが遅いと言って良いでしょう。次からもう少しタイミングを早めるように修正していきます。この練習は球出し人の観察眼がとても大切です。

(※1)この着地の順番は例外のある原則です。例外は「ピョン」のときの横移動が速い時などに起こりえます。選手が左にスプリットステップのジャンプをし、着地ですぐに右に切り返すためには、右足から着地してまずは減速しなければならない場合があるということです。この場合は着地が接地点移動を兼ねているか容易にわかると思います。右足が予定着地点よりかなり左に移動するからです。練習初期では、図よりも球出し人の正面方向からスタートしたほうが良いかも知れません。

興味を持たれた指導者の方がいらっしゃいましたら、ぜひ試していただき、ご意見を聴かせて頂きたいと思います。よろしくお願い致しますm(_ _)m

プリンタ出力用画面
前のページ
移動の本質とスプリットステップ(2/2)
コンテンツのトップ


投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。

投稿者 スレッド
ざぶたねこ
投稿日時: 2006-7-6 1:40  更新日時: 2006-7-6 1:40
へりくつ道場師範代
登録日: 2006-1-6
居住地:
投稿数: 213
 ピョン、ポンの次に。
miniさんの最初のピョンはセッターの2攻撃、次のピョンは速攻、そして最後のピョンはアタックに対応する。というお話と、アタックの時のピョンピョンからの動き出しは割合うまく行く事。それから、片下選手の動画を参考に、練習方法を考えてやってみました。

ある程度スプリットステップ、ピョンポンを練習した後には、動きの中でピョンピョンさせた方が意識せずにできるのではないかと。
アタック練習でピョンピョンしていたら、ブロックでネットに張り付いていた後、チャンスボールが入り下がって開いてピョンピョンは教えなくてもできているのです。

試してみた練習方法ですが、
まずコートの中央に立たせてピョンピョン、バックステップでコートの端まで下がりピョンピョン。すぐにコーナーへ走ってピョンピョン。そこでネット越しに打たれた強打もしくはフェイントを前に出ながらレシーブ。

スタートはブロックカバーを意識しています。下がったところでのピョンピョンはセッターの攻撃。コーナーからはオープン攻撃にあわせるという意味です。

最初は子供たちにそのような意味は、説明をせずに、流れとしてピョンピョン、バック。ピョンピョン、コーナー。ピョンピョン、レシーブ。と繰り返し走らせました。片下選手は下がる時もピョンピョンと下がれるのですが、小学生の子はピョンではあまり大きく下がったり、横に移動したりできませんので。

次に意味を話して、相手コートにチャンスボールを入れオープンにあげてタイミングを合わせてみました。
特に動きの遅い子以外はうまく合わせられます。

最後のレシーブの動き出しですが、よくなったように思います。またコートの中で大きく動く事もできるようになってくるように思います。まだまだ片下選手のようにはとてもできませんが、コートの中をダイナミックに動いているという感じは出てきました。

ピョン、ポンで練習した次の段階の練習としてどうでしょうか?

返信 投稿者 投稿日時
 Re: ピョン、ポンの次に。 mini 2006-7-6 16:53
:: サイトメニュー
:: オススメ書籍

セリンジャーのパワーバレーボール

¥4,893 (税込)

バレーボールの辞書的教科書です。著者はオリンピック銀メダル監督で、現パイオニアレッドウィングス監督をされているアリーセリンジャー氏です。そしてこの本はその堂々たる経歴に劣らない優れた内容を持っています。
セリンジャーのパワーバレーボールについての詳しい書評やコメントはこちら

:: アクセスカウンタ
今日 :212
昨日 :292
総計 :4482660
平均 :905
taquino.net
:: スポンサード リンク