メイン >  1 - バレーボール技術戦術掲示板  > ディグでインパクトの瞬間に腰を腰を引いたり上に伸ばしたりして調整する癖投稿するにはまず登録を
ツリー表示 | 新しいものから 前のスレッド | 次のスレッド | 下へ
投稿者 スレッド
あきぼ ディグでインパクトの瞬間に腰を腰を引いたり上に伸ばしたりして調整する癖  /  投稿日時: 2012-1-30 6:29
へりくつ道場白帯
登録日: 2007-6-8
投稿: 10
年齢区分: 20歳以上
バレー暦: ウン十年
性別: 男性
こんにちは。数年ぶりの投稿です。

リベロの子(中学生)でよく動いて拾うんですが、チャンスボールが正確に返らない。
よく見ると、面が動きすぎる。あごが上がるなどの欠点はありますが、ディグを見ていると、インパクトの瞬間に腰を腰を引いたり上に伸ばしたりして調整する癖があるようです。
ボールをキャッチするポイントが体に近すぎて、最後に腰で調整しているように見えます。

明らかにそこでずれているように見えますが、どう矯正したものか考えています。

実は私も同じ癖があり、完全に矯正できませんでした。実戦では体を横に開いてとることで解決していたのですが、それは邪道だなと思いますし。

重心の位置、体重移動、肘の使い方など、緩いボールで地道に直していくしかないのかなと思いますが、ご意見をお願いします。
コヤック Re: ディグでインパクトの瞬間に腰を腰を引いたり上に伸ばしたりして調整する癖  /  投稿日時: 2012-3-7 21:17
へりくつ道場高段者
登録日: 2006-1-11
投稿: 118
年齢区分: 20歳以上
バレー暦: ウン十年
性別: 男性
あきぼさん

しばらく傍観しておりましたがレスがつかないようですね.

下半身を使えなくしてしまうというのはいかがでしょうか.

初心者にディグを指導する際に両膝をついた状態でのディグ練習を行うことがあります.まずは両膝をついて胸の前あたりで手を組まずに構えさせ(ハンズミドルのフォームです),つけてが投げたボールを両方の手で挟む形でキャッチさせます.それができるようになると,今度はつけ手が軽くスパイクしたボールに対して全く同じことをさせます.

次につけ手は同じように軽くスパイクしたボールを出し,それをハンズミドルからアンダーハンドディグするという練習です.

ディグの際に無駄な動きが多い,手をいったん組んでから振り回す,スパイクボールに対して体が開いてしまうといったプレーは改善されますが,もしかするとディグの際の下半身(腰)の動き改善にも有効かもしれません.

ご検討ください.
あきぼ Re: ディグでインパクトの瞬間に腰を腰を引いたり上に伸ばしたりして調整する癖  /  投稿日時: 2012-3-27 4:57
へりくつ道場白帯
登録日: 2007-6-8
投稿: 10
年齢区分: 20歳以上
バレー暦: ウン十年
性別: 男性
コヤックさん

レスありがとうございました。

なかなかレス着かないのでしばらく見ていませんで、気がつきませんでした。
大変失礼しました。


なるほど、確かに初心者にやる練習ですが、矯正するときは「基本に戻れ」ですね。

やってみます。
ツリー表示 | 新しいものから 前のスレッド | 次のスレッド | トップ


メイン >  1 - バレーボール技術戦術掲示板  > ディグでインパクトの瞬間に腰を腰を引いたり上に伸ばしたりして調整する癖

投稿するにはまず登録を
 
:: サイトメニュー
:: オススメ書籍

セリンジャーのパワーバレーボール

¥4,893 (税込)

バレーボールの辞書的教科書です。著者はオリンピック銀メダル監督で、現パイオニアレッドウィングス監督をされているアリーセリンジャー氏です。そしてこの本はその堂々たる経歴に劣らない優れた内容を持っています。
セリンジャーのパワーバレーボールについての詳しい書評やコメントはこちら

:: アクセスカウンタ
今日 :567
昨日 :605
総計 :4706280
平均 :882
taquino.net