メイン >  1 - バレーボール技術戦術掲示板  > ジバ選手のスパイクフォームより投稿するにはまず登録を
ツリー表示 | 新しいものから 前のスレッド | 次のスレッド | 下へ
投稿者 スレッド
トッポジージョ ジバ選手のスパイクフォームより  /  投稿日時: 2006-11-28 23:49
へりくつ道場白帯
登録日: 2006-8-19
投稿: 5
年齢区分: 15歳〜19歳
バレー暦: 1〜5年
性別: 男性
最近ブラジルのジバ選手に憧れを抱いた高校生です。今回の世界バレー、先日行われたワールドリーグ、昨年のグラチャンのビデオでジバ選手のスパイクフォームをスローで再生して観ていました。
その時に少し気付いたことがあり書かせていただきます。
パワフルなスパイクを打つときと、ブロックのワンタッチをとるときやコースを狙って打ったときのフォームが若干違うように見えました。前者の時は空中で右腕を引いているとき顔の下あたりを通っていて、後者の時は耳ぐらいかそれより上あたりで引いていました。結構な確率でそう分かれていたので、フォームを使い分けているのではと思いました。
フォームを使い分けていることではなくいつフォームを決めているのかが気になります。
ブラジルレフトへのトスは速いですし、ブロックが見えてからフォームを変えているようには思えません。
何か野性的な物なんでしょうか…
どのタイミングで何を観て決めているのでしょうか…?

ちなみにバックアタックのときは右腕は胸あたりを通っています。
オリビア Re: ジバ選手のスパイクフォームより  /  投稿日時: 2006-11-29 10:48
へりくつ道場師範
登録日: 2006-1-5
投稿: 352
年齢区分: 20歳以上
バレー暦: ウン十年
性別: 男性
鴨長明の方丈記で「行く川のながれは絶えずして、しかも本の水にあらず。」とありますが、一見、同じように流れているように見える川の水は刻一刻と違った水の分子が流れています。これは仏教の「無常観」に基づいたものですが、世の中の物は常に同じというものはありません。

バレーボールのスパイクも常に同じトスボールがあがることはありません。似ているボールが上がっても数ミリのずれはあるはずです。また、相手のブロックやレシーブのマークも違っています。スパイクを打つときの状況は一本一本全て違っています。ここで優秀な選手はスイングを早めてタイミング速く打ったり、わざと「ため」を作って相手のブロックの降り際に打ったりと「時間」の出し入れを行って決定率をあげていきます。そのためにトッポジージョさんが気づいたように状況によってスパイクフォームが違って見えます。

ここで注意するのは初心者の選手の打ち方のようにボール一本一本違っている「バラバラのフォーム」と区別しなければならないことです。彼らはフォームが身についていないので、同じ動きをしようと思っても出来ないからです。ジバ選手が相手に応じてフォームを変えていることと全く違います。ただ、そのジバ選手にしても「相手がこう来たから『フォームA』で行こう」とか「このパターンだから今度は『フォームB』で」というようなスイッチを切り換えのように使い分けているのではないと思います。そもそも、わずか1秒の数分の一の所要時間でしかないスパイクスイングの途中の動きは意識できないのでスイッチを入れるような切り換えは無理です。

一人のスパイカーの多くのスパイクシーンを見ると、ジバ選手に限らず、フォームが違って見えることが良くあります。苦し紛れに打つ場合にやむなくフォームを変える場合もありますが、状況によってもフォームは変わります。具体的には昔の日本の女子のエースは普段は大きな「O型」のサーキュラースイングで打っていましたが、短いトスを内側の切り込む時は「D型」のサーキュラースイングになっていました。タイミングを早めようとして本人も無意識の内に「O型」から「D型」にスイッチしたのであると思います。

スパイクフォームは一本一本のスパイクを打つ度に選手が造り上げる創造的な動作であると思います。初心者は一本一本造り上げる度にタイミングや順番が違ってしまうので違ったフォームになりますが、上手い選手は上手くまとめ上げて、見事なスパイクにします。この見事なスパイクにするためには微妙にフォームの部分部分を変更して全体としてまとめ上げます。料理の玉子焼きなんかも素人さんが焼くと焼きすぎたり、ふわっとしなかったり色々な焼き具合になりますが、コックさんが焼くといつもおいしい焼き加減になります。素人さんは料理の本を見た通りに焼く時間を決めて焼きますが、コックさんはその日の卵の質や火加減、フライパンの具合をみて、焼き方を微妙に変えて焼き上げるので、同じようなおいしい玉子焼きが焼けるのです。「どんなボールも同じように決められる」という優秀な選手は「同じように」という部分の陰に「変えている」部分があるのだと思います。
トッポジージョ Re: ジバ選手のスパイクフォームより  /  投稿日時: 2006-12-4 9:10
へりくつ道場白帯
登録日: 2006-8-19
投稿: 5
年齢区分: 15歳〜19歳
バレー暦: 1〜5年
性別: 男性
返答が非常に遅くなり、すいませんでした。
やはりあの短時間で頭で考えてフォームを変えていた訳ではないんですね。
分かりやすい例などで丁重に答えていただき、ありがとうございました。
少しでもジバ選手のような選手に近づけるように精進して行きたいと思います。
オリビア Re: ジバ選手のスパイクフォームより  /  投稿日時: 2006-12-4 12:15
へりくつ道場師範
登録日: 2006-1-5
投稿: 352
年齢区分: 20歳以上
バレー暦: ウン十年
性別: 男性
昨日、代々木体育館で世界バレーの決勝戦を観戦しました。
ジバ選手(今回のMVP)をはじめとしてブラジルのすごいバレーを目の当たりにして大変感動しました。

ジバ選手だけでなく、センターの選手もエースポジションの選手もすべて低く早いトスとキッチリとあったフォームでスパイクを打ち切っていました。世界バレーですから、高いチームや早いチームはいくらでもありましたが、その他のチームを圧倒する別世界。感じたのはジバ選手個人のスパイク能力だけでないセッターに入れるパスの精度、セッターのトスの精度があり、最終的にジバ選手のスパイクにつながっているということです。チーム全体の動きの中にジバ選手の動きが調和しているというか…。

「one for all,all for one」という言葉がありますが、それを地で行く素晴らしい世界です。スパイクフォームが単に個人の技術ではないことに思い至りました。トッポジージョさんもぜひ、そういうバレーに近づいて下さいね。
ツリー表示 | 新しいものから 前のスレッド | 次のスレッド | トップ


メイン >  1 - バレーボール技術戦術掲示板  > ジバ選手のスパイクフォームより

投稿するにはまず登録を
 
:: サイトメニュー
:: オススメ書籍

一見すると本書は、書店でよく見かける、大昔の常識をそのまま載せた入門書の仲間ようにも見えます。しかし、内容の誠実さは群を抜いて素晴らしいものがあります。

肩書きだけの入門書(元全日本など)とこの本とを同じようなものだと考えると、バレーボール人生において損をすることになるでしょう。

書店にも良く置いてありますのでぜひ一度手にとってご覧下さい。

『基本から戦術まで バレーボール』についての詳しい書評やコメントの投稿はこちら

:: アクセスカウンタ
今日 :233
昨日 :292
総計 :4482681
平均 :905
taquino.net