メイン >  1 - バレーボール技術戦術掲示板  > おもり投稿するにはまず登録を
ツリー表示 | 新しいものから 前のスレッド | 次のスレッド | 下へ
投稿者 スレッド
惑星ベジータ おもり  /  投稿日時: 2006-8-14 21:55
へりくつ道場入門したばかり
登録日: 2006-3-16
投稿: 3
年齢区分: 20歳以上
バレー暦: 6年以上
性別: 男性
浪人生活をへてようやく大学に入ることができてがっつりとバレーを楽しんでる
惑星べジータです。初投稿させていただきます。

え〜と一応バレー部という形で四月から体を慣らしつつバレー続けてきたわけなんですが先日ある大会が終わり一区切りついたので体を一から鍛えようと思いました。

それで題名にあるようにおもりを足につけようかと思ってます…ってゆうか今おもりをつけた状態でここに書き込んでるんですが…

それでみなさんのご意見を賜りたい点というのはおもりをつけたままバレーの練習をすることで膝の故障などのデメリットがどれくらいでてくるかというところなんです。

もちろんそれなりの危険性が出てくるのはわかるのですが、おもりをつけた状態でスパイクなどを打つことというのははどれくらいの危険度を伴った行為なんでしょうか?

前レスにこういう話があったらごめんなさい!初めてなんでちょっと使い方が分からなくて…

みなさんの体験談や意見などがあったら是非コメントお願いします。
司馬仲達 Re: おもり  /  投稿日時: 2006-8-14 22:28
へりくつ道場師範
登録日: 2006-1-6
投稿: 500
年齢区分: 20歳以上
バレー暦: 6年以上
性別: 男性
僕は中学からやってましたよ。
ただ、足は動き辛くなるから辞めといた方が良いです。

個人的にはベルトに適当な重量の物を巻きつけて腰に巻くのをお勧めします。足首辺りに巻いてしまうと動き難いと思いますが上記ならば足首ほど気にならないと思います。

デメリットは結構あります。
例えば捻挫は多分普通の捻挫よりも酷くなります。また、自分で感じる以上に下半身に付加が掛かってくるので肉離れ、そんなに飛ばなくても膝に結構な付加がかかります。(ってまぁ想像できる範囲内でしょうが・・・)

また、外す時期も気を使う必要があります。
普通に練習していて突如として試合直前に外すと感覚が変わってしまい折角合わせたコンビなんかは高さが違ってしまうので合わなくなります。

まぁこんな感じですかね?
惑星ベジータ Re: おもり  /  投稿日時: 2006-8-15 21:34
へりくつ道場入門したばかり
登録日: 2006-3-16
投稿: 3
年齢区分: 20歳以上
バレー暦: 6年以上
性別: 男性
非常に丁寧なコメントありがとうございます!!

そうですね。今日おもりをつけてランニングしてみたのですが
やはり動きづらいし膝への影響が怖かったです。
一回腰にベルトをまいてみようかと思います。

いろいろ参考になりました。ありがとうございました!!
サバダン Re: おもり  /  投稿日時: 2006-8-15 21:37
へりくつ道場黒帯
登録日: 2006-3-16
投稿: 26
年齢区分: 20歳以上
バレー暦: ウン十年
性別: 男性
 私は、「おもり」をつける必要はないと思います。

 重さを意識しないものだと、意味がないし、重さを意識してしまうものだと、体のバランスを崩してしまう。

 大学ともなればトレーニングの施設があると思います。冬の期間は試合がほとんどありませんから、その施設を利用するのがいいと思います。

 ただし、「正しい使い方」でというのが条件です。筋トレについて、いろいろ勉強してみてください。
司馬仲達 Re: おもり  /  投稿日時: 2006-8-15 23:25
へりくつ道場師範
登録日: 2006-1-6
投稿: 500
年齢区分: 20歳以上
バレー暦: 6年以上
性別: 男性
引用:

サバダンさんは書きました:
 私は、「おもり」をつける必要はないと思います。
(中略)
 重さを意識しないものだと、意味がないし、重さを意識してしまうものだと、体のバランスを崩してしまう。


はて?果たしてそうでしょうか??
このトレーニング(と呼ぶかどうかは??な部分が多いですが・・・)はある意味高地トレーニングと同じ概念があると思います。

通常の生活で支障が出ない範囲内であれば障害の直接的な要因には成り得ないはずです。(←これは体験済み)
無論、極端に重いのはどうかと思いますが、1〜2kg程度の軽い付加であれば差ほど問題無いと思います。

トレーニング施設も学校に因るでしょう。
整備された施設があれば良いですが、自分が知ってる大学は無い方が多いですね。

無論これは「やるべき!」と言うほどお勧めではないですが、出来るならばやってみても良いんじゃないでしょうか?

これに似たトレーニングは日本の伝説のセッター、クイックスパイクの開発者でもある猫田選手もやってます。
supermm Re: おもり  /  投稿日時: 2006-8-16 6:41
へりくつ道場入門したばかり
登録日: 2006-8-16
投稿: 2
年齢区分: 20歳以上
バレー暦: 6年以上
性別: 男性
結論から言って、末端に重りをつけてトレーニングすることだけはやめときましょう。
新トレーニング革命を読んだりして勉強してください。
サバダン Re: おもり  /  投稿日時: 2006-8-16 9:00
へりくつ道場黒帯
登録日: 2006-3-16
投稿: 26
年齢区分: 20歳以上
バレー暦: ウン十年
性別: 男性
私は大学時代トレーナーに言われました。
「バーベルでスクワットする場合、体重の2倍は簡単に挙げられる。」

当時私の体重が70kgありましたから、140kg(1RMで)は挙げられました。
1RM・・・やっとこさ1回上げられる重さ

トレーニングは、この1RMを基準に、目的別(最大筋力、筋持久力の向上)で負荷を設定します。
一例ですが、
・最大筋力を上げる場合・・・(1RMの)60%→100%上げられるだけ
・筋持久力をあげる場合・・・       30%程度で回数を多く

 で、2kgの重りをつけても、1RMの「1.4%」にしかならない。トレーニングの効果は「?」。
 しかも、1〜2kgという数字は、練習直後(体重が最小のとき)と食事後(体重が最大のとき?)の幅で簡単に変わる数字です。

 おもりを外して、「体が軽い!トレーニングの成果が出たな」と感じるのは、人間の感覚の誤差で、根本的な向上になっていないと思います。

 「バレーボールしながらトレーニング」という考えは、辞めといた方がいい。分けたほうが効率的です。

 また、トレーニング施設がないのであれば、自分たちで工夫すればいい。
 私のチームでは以下のようにしています。私は社会人で、勿論ちゃんとした筋トレ施設はありません。

1 トレーニング仲間をつくる
 トレーニングの必要性、得られる効果を理解してもらう。気分的なノリも大切。みんなでやることで、やる気が向上します。
2 トレーニング機器を揃える
 割り勘で買うので、仲間が多いほど、安くなる。

 トレーニングは一人だけやっても、チームとして個人として効果がないです。
 エースがトレーニングでパワーをつけても、セッターが下手なままだったら、いいスパイクが打てるようになりません。バレーはチームスポーツですから。
 ただし、自己満足を追求するのなら否定はしません。
ナゾノヒデヨシ Re: おもり  /  投稿日時: 2006-8-16 9:51
へりくつ道場師範
登録日: 2006-1-5
投稿: 715
年齢区分: 20歳以上
バレー暦: ウン十年
性別: 男性
カキコしてる方が落ち着くので・・・。
サバダン氏wrote.
>おもりを外して、「体が軽い!トレーニングの成果が出たな」と感じるのは、人間の感覚の誤差で、根本的な向上になっていないと思います。<
体が軽いと感じるのではなく、ジャンプする時の負荷が減るために上に跳べるといった考え方ではないでしょうか?
  実際、そうして最後の公式戦までそれをはずさずにプレーして、最後の大会からはずして他を圧倒し続けて全国の頂点にあっという間に登りつめたチームは実在します。
  重力的負荷と考えれば、あながち感覚的誤差とは言えないのではないでしょうか?

サバダン氏wrote.
>「バレーボールしながらトレーニング」という考えは、辞めといた方がいい。分けたほうが効率的です。<
狭義な意味でのトレーニングといった解釈でしょうか?また、バレーボールを実践する中で効率的とはどういったことを指すのかを教示していただけたら判りやすいのですが。
気合はいりまくり Re: おもり  /  投稿日時: 2006-8-16 11:10
へりくつ道場黒帯
登録日: 2006-1-31
投稿: 44
年齢区分: 15歳未満
バレー暦:
性別: 男性
おもりは僕も以前つけていました。ジャンプ力は15cmほど伸び80センチ飛べるようになりました。が、ふくらはぎが異常に太くなり胴体とつり合っていません(笑)
でも大学生ならあまり気にすることはないと思うのでおもりはつけていいと思います。でも初めは1キロぐらいではじめるのがよいヵと。
中学生のガキがでしゃばってすいません
サバダン Re: おもり  /  投稿日時: 2006-8-16 11:12
へりくつ道場黒帯
登録日: 2006-3-16
投稿: 26
年齢区分: 20歳以上
バレー暦: ウン十年
性別: 男性
引用:

ナゾノヒデヨシさんは書きました:
  実際、そうして最後の公式戦までそれをはずさずにプレーして、最後の大会からはずして他を圧倒し続けて全国の頂点にあっという間に登りつめたチームは実在します。


 実例を挙げ、説得力がありそうですが、「おもりをつければ、全国の頂点に上り詰められる」というのは、短絡的な考えだと思います。

 おもり以外に何もトレーニングをしていなかったのか?
 チームの構成は?どういった戦略をとっていたか?

 というふうに物事を総合的に見て、初めておもりの重要性を語れるのではないですか?「へりくつ」を語るには、言葉足らずかなと思います。(人のことは言えませんが)

 おもりを使うことは全否定しませんが、効果は「?」なんです。不勉強なもので、「おもり」の理論があるのかわからないので、理論がしっかりしているトレーニングをした方が効果が得られると思います。だから、「日常生活や練習でダラダラやらなくてもいいのでは?」と思うのです。

「効率的」(上手く伝わるか不安ですが・・・)
 自分の運動能力(自分の枠)以上のプレーは出来ません。例えば、ネットより上に手が出ない人に、いくらスパイクのフォームを教えても、強いスパイクが打てるようにはなりません。
 最短時間で「ネットから手がでる」状態まで選手の能力を引き上げる、枠を広げるのが、トレーニングです。
 技術はあとから付いてきます。というか、能力(枠)に余裕がないと技術は習得できません。

 最初の議論とは離れていますね。(私が離した?)「卵(実践・技術)が先か、ニワトリ(トレーニング)が先か」的な議論となるので、お互い、かみ合わないでしょうね。私は「急がば回れ」だと思います。

P.S.狭義的なトレーニングとは何ですか?
ナゾノヒデヨシ Re: おもり  /  投稿日時: 2006-8-16 12:32
へりくつ道場師範
登録日: 2006-1-5
投稿: 715
年齢区分: 20歳以上
バレー暦: ウン十年
性別: 男性
>P.S.狭義的なトレーニングとは何ですか?<
  ただ単に「筋力アップのためのドリル各種」と捉えていただいてよろしいかと思います。

  僕は、実例を挙げて説得力を持たせようとしたわけではありませんよ。勿論、そのチームは筋肉リュウリュウ(字が判らん・・・)でしたし、そのほかの「何か」を否定した一文はどこにも記していないと思いますが。まして、3年連続日本一になるなんて並大抵の努力や研鑽ではあり得ない。
  だからといって重りを付けてやっているのがどこまでなのかは、またこれも一つの「戦術」のうちではないでしょうか。

  自身の意見を述べて主張するときに、ある信念をもって論ずる相手に対しまず、検索し調べてみることが大事だと考えます。

  効率的トレーニングの解説ありがとうございます。確かにそのとおりな部分もありますね。でも、並行してできることを工夫してこそ小中高の時間の限られた中での指導者の責務であると思います。

  おっしゃるとおり、最初の条件とずれてきました。

  サバダンさんの、言ってる事途中でひっくり返っていることに気が付いて下さい。
  ピンポイントの話題から、枠を広げていったのはあなた自身ではないでしょうか?(ご自身で書いてらっしゃいましたね・・・)

  
  
  
フリーダム Re: おもり  /  投稿日時: 2006-8-16 13:47
へりくつ道場黒帯
登録日: 2006-5-9
投稿: 30
年齢区分: 20歳以上
バレー暦: ウン十年
性別: 男性
惑星ベジータ さん はじめまして。フリーダムといいますが、よろしくおねがいします。
引用:

惑星ベジータさんは書きました:
え〜と一応バレー部という形で四月から体を慣らしつつバレー続けてきたわけなんですが先日ある大会が終わり一区切りついたので体を一から鍛えようと思いました。
それで題名にあるようにおもりを足につけようかと思ってます…ってゆうか今おもりをつけた状態でここに書き込んでるんですが…

おもり。なんだか懐かしい響きですね。足ということはパワーアンクルの鉛を入れて重さを変えるものか、砂が入っている物のことでしょうか?
自分はバレーボールの為ではなく、ブルース・リーやジャッキー・チェンのようになりたくて20ウン年前の中学生時代に毎日付けていたものです・・・
記憶からすれば効果はあったようにも思いますが足が擦れて痛かったのも覚えています。
そんな頃でしょうかパワーベストなる3kg位の重量のあるベストが発売されて鉛・砂などの重量物が入ったものではなくてベスト自体が鉄製繊維だったのか?重かったように記憶していてTシャツの上に着てまで練習していました。
これはパワーアンクルと違ってなかなか勝れものでしたよ。動きも少し制限される程度で活用できました。そのおかげで筋肉やジャンプ力がついたのか当時では断定できませんが・・・
あと最近使ってみてよかったのはアシックスのウォーキングウェイトとかいうリストバンドでテニスとかの綿製リストバンドの中に125g×2枚のゴム製ウェイトが入っていて重さもあなり感じないので練習中も使用できました。
今は、いろいろなトレーニング理論がありますが昔は単純に強くなりたかったら、『おもり』を付けたように思います・・・
なので今回の『おもり』について自分が言えるのは、付ける事が前提ならば、動きやすい場所に付けて、そして重すぎず継続できる重さでステートしてみるということぐらいでしょうか。
その後の結果報告(ジャンプ力の変化等・・・)が聞ければ、ありがたいと思います。
supermm Re: おもり  /  投稿日時: 2006-8-16 15:31
へりくつ道場入門したばかり
登録日: 2006-8-16
投稿: 2
年齢区分: 20歳以上
バレー暦: 6年以上
性別: 男性
スポーツトレーニングにおいて、末端を肥大させることは非常によろしくない。(断言)
慣性モーメントが働いてアジリティーに劣った選手になる。
足先、手先に重りをつけるようなトレーニングでは、自らそのような非効率的な動きを習得するために練習しているようなものであり、絶対にお勧めできない。
サバダン Re: おもり  /  投稿日時: 2006-8-16 16:57
へりくつ道場黒帯
登録日: 2006-3-16
投稿: 26
年齢区分: 20歳以上
バレー暦: ウン十年
性別: 男性
引用:

ナゾノヒデヨシさんは書きました:
  効率的トレーニングの解説ありがとうございます。確かにそのとおりな部分もありますね。でも、並行してできることを工夫してこそ小中高の時間の限られた中での指導者の責務であると思います。


 これは正しいと思います。私も小学生の指導者としては、その部分を大切にしなければいけないと思います。しかし、惑星ベジータさんは大学生です。

 小中高生は、そのままバレーをしていても、身長も体力も劇的につきます。成長ホルモンが多く出ている時期ですから。

でも大人ともなると、それを期待できない。だから、

「おもりより、しっかりとしたトレーニングを積んだ方がいい」

 と思うわけです。そこから、トレーニングの具体例を出したのですが、それに指摘を受けるとは・・・。それが始まり。

引用:

ナゾノヒデヨシさんは書きました:
自身の意見を述べて主張するときに、ある信念をもって論ずる相手に対しまず、検索し調べてみることが大事だと考えます。


この部分は、自分を省み、受け止めないといけないなとつくづく思います。
ナゾノヒデヨシ Re: おもり  /  投稿日時: 2006-8-16 17:21
へりくつ道場師範
登録日: 2006-1-5
投稿: 715
年齢区分: 20歳以上
バレー暦: ウン十年
性別: 男性
  大学生ならば・・・。
  当初の論点はそこでしたね。
  逆に、ある程度の「動き」が完成されているとも考えられるので、自己の責任において500g〜1,000g程度の負荷を与えてもなんら支障はないと思いますけど。(具合が悪けりゃやめればいい)

 supermm氏が盛んに「断言」しております。
 非常に参考になるので、具体的に身体のどの部分にどのような負荷をかけてどのようなトレーニングをすることは、何故絶対によろしくないかを参考文献も揃えて解説していただく存じます。よろしくお願いいたします。

  最近伸びるスレッドもないし、スレ主サンにも参考になると思いますので、分岐せずこのまま続けることを希望いたします。
  (分岐すると尻切れトンボになっちゃう傾向が・・・)
司馬仲達 Re: おもり  /  投稿日時: 2006-8-16 20:45
へりくつ道場師範
登録日: 2006-1-6
投稿: 500
年齢区分: 20歳以上
バレー暦: 6年以上
性別: 男性
だから・・・
二つ目のレスで高地トレーニングと似た概念と書いたんですが(^^;)

(って言うかここで解かってよ(T^T)・・・ビルドアップじゃないって。通常のビルドアップトレーニングとごっちゃにしちゃうから訳わからんになるのでは??)

おもりを着けてプレーしたり普通の生活を送る一番の目的は持久力とか耐久力と言われる様な所謂「スタミナ」って奴です。
(簡単だから一度やってみて下さい。普通に2Lのペットボトルをバックに入れて毎日持ち歩けば相当疲れまっせ!)

そりゃあジャンプ力向上とか筋力UPって言う効果は無くは無いですが、飽く迄「副産物」に過ぎません。
(って言うか500gや1kgでそこまでのビルドアップになりますか??)

例の学校が3連覇したのは技術も去る事ながら夏のクソ熱い中の連戦をも耐え切るような無尽蔵のスタミナに因る所が大きいんですよ。

どのセクションも全国クラスの大会となれば3〜4日、若しくは1週間近い日にちを全力で戦い抜かないとなりませんよね?
その時に所謂「スタミナ」切れを起こすのはどんなに優れた技術を持っていてもそのパフォーマンスを維持出来ません。(今のサッカーの日本代表と一緒)

それを防ぐ為のアプローチです。
まぁとは言え若い学年の内からでは筋力を含む基礎体力が無いので怪我の原因になる事は確かですから導入には注意が必要です。

主スレさんは大学生との事ですからある程度の体力は持っていると思いますので、まぁ問題無いかとは思います。
障害の原因に成りそうならば自分で止める判断は出来るでしょうし。

(って、あーあ書いちゃったよ(ーー;) 実はこれ秘策中の秘策だったりしますw)
サバダン Re: おもり  /  投稿日時: 2006-8-16 21:47
へりくつ道場黒帯
登録日: 2006-3-16
投稿: 26
年齢区分: 20歳以上
バレー暦: ウン十年
性別: 男性
私は単純に「トレーニング=ビルドアップ(筋肉ムキムキ)」とは考えていません。

 トレーニング(筋力・筋持久力の向上)をすることによって、100%でやっていたプレーが、80%でできるようになる。20%の余裕が生まれる。
 その20%を力の温存に使うもよし、相手を冷静に分析するのもよし。

 私は、この20%が「スタミナ」だと思います。

 私が投げかけたのは、「大人にとって、おもりをつけてやるのと、メニューを決めてトレーニング単体でやるのと、どちらが効率的なのか」ということです。

 私はトレーニング派ですけど、「おもり」が真実なら、その決定打が欲しい。

 もし、おもりが真実なら、「効率的にやるなら、サッカー日本代表はおもりをつけて、スタミナ増強を図るべきだ」という結論になります。
司馬仲達 Re: おもり  /  投稿日時: 2006-8-17 1:29
へりくつ道場師範
登録日: 2006-1-6
投稿: 500
年齢区分: 20歳以上
バレー暦: 6年以上
性別: 男性
>私が投げかけたのは、「大人にとって、おもりをつけてやるのと、メニューを決めてトレーニング単体でやるのと、どちらが効率的なのか」ということです。

上記の僕のコメントとコンセプトが違います。
僕は主スレさんの質問通り、おもりを使う事を大前提で考えてます。

どうするかの判断は飽く迄、惑星ベジータさんが決める事ですが、個人的には一長一短だと思ってます。

(一応サッカーの話を出したのは、丁度TVでやってたからですので特に深い意味はありませんのでご理解下さい。)
サブ 気合があれば有効、成長期には×  /  投稿日時: 2006-8-17 5:57
へりくつ道場高段者
登録日: 2006-2-8
投稿: 126
年齢区分: 20歳以上
バレー暦: ウン十年
性別: 男性
私が子どもの頃、最高のスポーツマンガは「巨人の星」でした。
先日、柳本監督がジャンプ力アップのために
高校時代は生活の中から「かかと」を床に着くことはなかった。と言っていた。
(スパイクの時はどうしたのかな・・・)
思い出したのは巨人の星。
大リーグボール養成ギブスをつけながらかかとをあげて生活する主人公の姿があった。記憶では・・・・ですが。

その時代、もう40年近く前だけど、
手首や足首に装着する「おもり」が大流行。

私の友人は小学時代に「おもり」にこだわり
スピードスケートと陸上の短距離走での効果を目指して取り組んでいました。
手首、足首の他に鉄ゲタや
釣りに使う鉛のおもりを溶かして固めて靴の中敷きを作って活用していました。

結果、スケートや短距離走でめざましい成果を上げました。
中学の時は体もムキムキになっていました。

何事も努力だと思いました。

ただ、一点、難点を示せば彼は身長が伸びなかった。

科学的な根拠を示せないが、
成長期にトレーニングの負荷が強すぎると身長の伸びに少なからず影響を与えそうに思います。

このスレッドを見て小学、中学の生徒が「おもり」を試すことには慎重であってほしいと思います。

結論。
筋力向上の成果が期待出来ます。(筋持久力)
留意点。
成長期には避けるべきである。
SNOW Re: おもり  /  投稿日時: 2006-8-17 22:38
へりくつ道場高段者
登録日: 2006-2-13
投稿: 150
年齢区分: 20歳以上
バレー暦: 6年以上
性別: 男性
私も足に重り(2kg)を付けていました。その時は常に踵を浮かせて歩いていました。
ただ、バレーをするときには重りを外していました。ジャンプの感覚が変わるのが嫌だったので。もちろん、スパイクの時は踵を付けました(笑)
私が重りを付けていた理由はふくらはぎを強化したかったからです。実際、ふくらはぎは太くなりましたが、踵を上げたせいかもしれませんし、単にバレーをしていたからかもしれません。
しかし、重りを付けていたことで、「他の人より頑張っている」と自分で思い込むことが出来、それが自信に繋がりました。

さして重くもない重りを付けて、どこまで能力が上がるか理論的にはわかりませんが、精神的にはやり切ったと思える充実感はありました。

ただの自己満足と言われればそれまでですけど…
司馬仲達 Re: おもり  /  投稿日時: 2006-8-17 22:59
へりくつ道場師範
登録日: 2006-1-6
投稿: 500
年齢区分: 20歳以上
バレー暦: 6年以上
性別: 男性
その辺りは僕も理論的に「こうだから、こう」と言う確固たる理論は持っていませんが、良い悪いは別として上記の結果が出ています。

単純に頭ごなしに悪いと決めるよりも、良い方向に持っていく知恵を出し合って方が得策な様な気がします。

現実問題。中学生の時にやっていた訳ですし・・・
サバダン Re: おもり  /  投稿日時: 2006-8-17 23:01
へりくつ道場黒帯
登録日: 2006-3-16
投稿: 26
年齢区分: 20歳以上
バレー暦: ウン十年
性別: 男性
引用:

司馬仲達さんは書きました:
>私が投げかけたのは、「大人にとって、おもりをつけてやるのと、メニューを決めてトレーニング単体でやるのと、どちらが効率的なのか」ということです。

上記の僕のコメントとコンセプトが違います。
僕は主スレさんの質問通り、おもりを使う事を大前提で考えてます。


 確かに、惑星ベジータさんは文脈で「おもりを使うので、背中を押して欲しい」という意味で書いています。
 でも、おもりを使うかどうかというときに、「こういう方法もある」というのも、アドバイスだと思ったゆえ、長文になってしまいました。

引用:

司馬仲達さんは書きました:
一応サッカーの話を出したのは、丁度TVでやってたからですので特に深い意味はありませんのでご理解下さい


適当な例が思い浮かばなかったので、そのまま書かせてもらいました。全然、意味はないです。おそらく、気分を害されたでしょう。申し訳ありません。

あと、おもりが「自己満足」なんて言っていません。トレーニングだってやり方を間違えば「自己満足」の世界ですから。
たれいらん Re: おもり  /  投稿日時: 2006-8-18 3:39
管理人
登録日: 2005-12-8
投稿: 391
年齢区分: 20歳以上
バレー暦: ウン十年
性別: 男性
盛り上っていますね。私も参加させていただきます。

私はサバダンさんと同意見です。まずは惑星ベジータさんのご質問に回答してみます。デメリットを聞かせて欲しいということですが、メリットについても考えてみます。

まず、足首のおもりに関して。

1)最初に、ジャンプ力を上げるという目的には直接効果はないと思われます。ジャンプ動作のうちほとんどの時間はかかとは床に付いているからです。床にかかとが付いている間は、負荷を大きくしてトレーニング強度を増すという目的が達成できません。

2)レシーブの足運びなどの動きを速くするトレーニングとして、適度な重さなら有効かもしれません。重すぎるのはまずいと思います。運動の本質的な部分が変わってしまうおそれがあるからです。運動の本質とは、球を投げる動作で例を挙げると野球ボールの投げ方と砲丸投げの違いのことです。球の重さに合わせて効率の良い動作がまるっきり違ってしまいます。足首につけたおもりが重過ぎると、似たようなデメリットが起こりえると思います。

体幹に付けるおもりに関して。(惑星ベジータさんの意図とは違うかもしれませんが)

3)上に述べた1)に関連しますが、足首の場合とは違い、ジャンプ力トレーニングにもなる可能性はあります。

4)上に述べた2)に関連して、動作の本質が変わってしまう恐れは少ないと思います。


以上をまとめると体幹におもりをつける場合に関してはメリット多くデメリットがあまり無いようにも思えます。しかし気がかりな部分もあります。

サバダンさんが、可能であれば他のトレーニングを行うほうが良いと主張されており、私も同意見です。筋力トレーニングも持久力トレーニングも可能であれば別途メニューをしっかり組んで行ったほうが良いと思います。
そして、別メニューでしっかりしたトレーニングを行う場合には、おもりをつけた練習は疲労の蓄積をむやみに増やすだけに終わってしまう可能性が高いと思います。
もっとも、バレーに必要な体力はバレーで身に付けるべきだという考え方も一理あり、その場合おもりの活用も組み合わせてトレーニングメニューを組むことも考えられます。

トレーニングに関していろいろと述べて参りましたが、本当にトレーニングを効果的に行うためにはかなり勉強が必要です。一方、おもりの利用は、負荷を適切にさえすればバレーに必要な体力をアップさせる魔法の道具になりえるかもしれません。結局私にも結論は出せませんが、惑星ベジータさんが判断する参考になれば幸いです。
サブ コミットして頂ければ助かります。  /  投稿日時: 2006-8-18 6:26
へりくつ道場高段者
登録日: 2006-2-8
投稿: 126
年齢区分: 20歳以上
バレー暦: ウン十年
性別: 男性
司馬仲達さんの書き込みはいつも注目させて頂いています。
勉強になること多です。
意見が平行線をたどることもありますが、これからも宜しくお願いします。

引用:
良い悪いは別として上記の結果が出ています。


具体的に上記の結果の「上記」が何を指されているのか分かりません。
具体的に上記を再掲して頂けると司馬仲達そんの主張が見えますので、できれば再掲をお願いします。

引用:
単純に頭ごなしに悪いと決めるよりも、良い方向に持っていく知恵を出し合って方が得策な様な気がします。


「単純に頭ごなし」と書かれると、やっぱり私のことかなと自意識過剰ぶりを発揮してしまう自分がいます。(笑)

「スレ主題」に対してそれぞれの方々が、それぞれの感覚で返信していくことが、この掲示板の命であり、それぞれのスタイルを許容することも必要だと思います。

もちろん、司馬中達さんの様に書かれて、このような返信を枝分かれしていくことも、この掲示板発展につながるのではないかと考えています。

で、今回の司馬仲達さんへの私の希望は、もっと具体にコミットしてほしい。
そういう希望です。あくまでも希望です。

引用:
現実問題。中学生の時にやっていた訳ですし・・・


個人差があるので、有効な場合もあるという主張でしょうか?
単に中学生と言っても基礎的な体力がある場合は大丈夫であり、司馬中達さん自身が成功例ということでしょうか?
サブ Re: おもり  /  投稿日時: 2006-8-18 6:32
へりくつ道場高段者
登録日: 2006-2-8
投稿: 126
年齢区分: 20歳以上
バレー暦: ウン十年
性別: 男性
引用:

SNOWさんは書きました:
ただの自己満足と言われればそれまでですけど…


この自己満足はすごく大切な自己満足です。
ある意味、最高のモチベーションだと思います。
そんな感想を持ちました。
そして、そういう状況というのは一般を凌駕すると感じます。
いいですね〜。
司馬仲達 Re: コミットして頂ければ助かります。  /  投稿日時: 2006-8-20 1:33
へりくつ道場師範
登録日: 2006-1-6
投稿: 500
年齢区分: 20歳以上
バレー暦: 6年以上
性別: 男性
一応僕の主張は・・・
前述の投稿日時: 2006-8-16 20:45

「どのセクションも全国クラスの大会となれば3〜4日、若しくは1週間近い日にちを全力で戦い抜かないとなりませんよね?
その時に所謂「スタミナ」切れを起こすのはどんなに優れた技術を持っていてもそのパフォーマンスを維持出来ません。」

の部分です。
補足すると実験体って訳じゃないですが、一応平成8・9・10年のメンバーはおもりを着けてずっと練習していました。
(とは言えこのおもりを着けていたからと言ってそれが全てではありませんのでその辺りはご了承下さい。)

そもそも、おもりの効果は競技中に付加を掛けるのが目的であって別メニューを組んでトレーニングをするのとでは単純比較が出来ません。

マラソンを世界記録で走れる様な持久力があってもバレーの試合で発揮できるのかは分かりませんし、競技をしながらの付加ですからその競技に対する効果について、他の方は比較が出来ますか?

僕はトレーニングは「トレーニング」であって「バレーボール」では無いと思ってます。

高地トレーニングを例に出したのは、その事も含んでいます。

引用:
個人差があるので、有効な場合もあるという主張でしょうか?
単に中学生と言っても基礎的な体力がある場合は大丈夫であり、司馬中達さん自身が成功例ということでしょうか?


無論、付加が掛かる訳ですから障害の危険性もありますし、個人差もあるとは思いますが、少なくとも僕の周囲ではバレー経験を問わず効果があったと言うのも事実です。

因みに・・・
引用:
「単純に頭ごなし」と書かれると、やっぱり私のことかなと自意識過剰ぶりを発揮してしまう自分がいます。(笑)

「スレ主題」に対してそれぞれの方々が、それぞれの感覚で返信していくことが、この掲示板の命であり、それぞれのスタイルを許容することも必要だと思います。


は、飽く迄理論と言う部分でしか対論を出さない人に対してです。

理論は非常に重要だと思いますが、体験談を話しているにも関わらず理論的に駄目だから駄目と言うのには非常に違和感を覚えます。
サバダン Re: コミットして頂ければ助かります。  /  投稿日時: 2006-8-23 21:51
へりくつ道場黒帯
登録日: 2006-3-16
投稿: 26
年齢区分: 20歳以上
バレー暦: ウン十年
性別: 男性
私を指しているので、コメントします。

おもりに対しての対論が、(理論に基づいた)トレーニングではダメですか?

>みなさんの体験談や「意見」などがあったら是非コメントお願いします。
と最初に書いてあるでしょ?

ほとほと疲れます・・・。
司馬仲達 Re: コミットして頂ければ助かります。  /  投稿日時: 2006-8-23 23:40
へりくつ道場師範
登録日: 2006-1-6
投稿: 500
年齢区分: 20歳以上
バレー暦: 6年以上
性別: 男性
あの・・・サバダンさん・・・?
誤解されている様子ですので明確にしておきますが、前述のコメントの、
「理論は非常に重要だと思いますが、体験談を話しているにも関わらず理論的に駄目だから駄目と言うのには非常に違和感を覚えます。」
はサバダンさんでもサブさんに指してのコメントじゃ御座いません。
(明確にすると余計な波風を立てる事に成りかねないので。)

で!話をもどして整理させて頂きますと・・・

僕の場合は前提として飽く迄おもりの効果に付いて体験から来る「結果」しか示せないんですよ。
更に、計画立てたトレーニングとおもりを付けた状態での比較自体がそもそも出来るのか?という所が分かりません。

前のレス
【Re: コミットして頂ければ助かります。 / 投稿日時: 2006-8-20 1:33】
で申し上げた通り、おもりはプレー中に付加が掛かってますが、別メニューでのトレーニングはそのメニュー中にはプレーをしていませんよね?
僕はそうだと想定してレスしてます。

別メニューでのトレーニングはその目的に絞ってメニューを組み立てますから効果は当然「ある」と思っています。

おもりに付いてはおもりをつけた状態でプレーするのは経験上、効果があると思っています。

バレーボールに対して、「じゃあどっちが能率が良いか?」と比較を要求されても計ってないんですから分かりません。
そりゃそうですよね?僕に実験出来る環境が整ってないですから。

そうでなくても、例えば条件を仮定して・・・

「1500mを3分台で走る為にトレーニングの一環としておもりを着けてバレーの試合をしますが、何試合すれば3分台で走れる様になりますか?」
・・・と聞こえる訳です。

これは僕は比較出来ない、若しくは非常に比較し辛いので分かりません。
ここではバレーボールの対する効果の能率について聞かれているんですが、僕は両方とも効果があると思ってるので【Re: おもり / 投稿日時: 2006-8-17 1:29】にて「一長一短」とお答えしました。

すなわち「目的は同じでもアプローチが違うから比較ができない」んですよ・・・

そこまではご納得して頂けます??

よって、【Re: おもり / 投稿日時: 2006-8-17 22:59】にて「単純に頭ごなしに悪いと決めるよりも、良い方向に持っていく知恵を出し合って方が得策な様な気がします。」
とコメントしたんですが・・・これって間違ってますか??
サブ Re: コミットして頂ければ助かります。  /  投稿日時: 2006-8-26 21:01
へりくつ道場高段者
登録日: 2006-2-8
投稿: 126
年齢区分: 20歳以上
バレー暦: ウン十年
性別: 男性
引用:
司馬仲達さんは書きました:
あの・・・サバダンさん・・・?
誤解されている様子ですので明確にしておきますが、前述のコメントの、
「理論は非常に重要だと思いますが、体験談を話しているにも関わらず理論的に駄目だから駄目と言うのには非常に違和感を覚えます。」
はサバダンさんでもサブさんに指してのコメントじゃ御座いません。
(明確にすると余計な波風を立てる事に成りかねないので。)


スレッドの本題から外れますが、
へりくつ交換のこの掲示板に於いては、
どんどん枝分かれができるのですから、
それぞれの方の基本意見はスレ主に行い。
その意見に関する感想については、その方の意見、主張に返信する形でコメントしていくことがコミュニケーションとしては誤解も生まれずお互いのために有意義だと思います。

私はそう思うのですが、司馬仲達さんもご自分が書かれたコメントに対してまっすぐにコメントされた方が楽だと思いませんか?
ご自分の回答に対して返信がないと気になるでしょうし、コミットせずに違うところに書かれてしまう方が波風がなくて心が平和になりますか?
私はそういう方法でこられるのは苦手ですね。
掲示板に書く度にある意味波紋が起きるのは覚悟の上ではないのですか?
司馬仲達 Re: コミットして頂ければ助かります。  /  投稿日時: 2006-8-26 22:05
へりくつ道場師範
登録日: 2006-1-6
投稿: 500
年齢区分: 20歳以上
バレー暦: 6年以上
性別: 男性
>サブさん
引用:
どんどん枝分かれができるのですから、
それぞれの方の基本意見はスレ主に行い。
その意見に関する感想については、その方の意見、主張に返信する形でコメントしていくことがコミュニケーションとしては誤解も生まれずお互いのために有意義だと思います。


仰るとおりとは思いますが、個人的には成るべくそのつもりで書いてますが?
どの様な部分で問題があるのかご指摘いただければ幸いです。

引用:
私はそう思うのですが、司馬仲達さんもご自分が書かれたコメントに対してまっすぐにコメントされた方が楽だと思いませんか?
ご自分の回答に対して返信がないと気になるでしょうし、コミットせずに違うところに書かれてしまう方が波風がなくて心が平和になりますか?


恐らくざぶたさんのブログの事を仰っていると想像しますが、お題に僕自身としてはお題にこのスレの事が記載されていたからそれについてコメントしたまでです。何か問題でも??
僕自身は特に曲がってるつもりはありませんが、僕の認識と違うようでしたらコメント下さい。
(少なくともへりくつバレーに非常に関連が深いblogですからその様な事があっても差ほど不思議じゃないと思いますが??)

引用:
掲示板に書く度にある意味波紋が起きるのは覚悟の上ではないのですか?


無論その様な事もあるとは思いますが、望みはしません。出来る限りスムーズなやり取りが出来る事を望みます。
サブ Re: 末端を肥大させることは非常によろしくない。  /  投稿日時: 2006-8-30 5:12
へりくつ道場高段者
登録日: 2006-2-8
投稿: 126
年齢区分: 20歳以上
バレー暦: ウン十年
性別: 男性
引用:
supermmさんは書きました:
スポーツトレーニングにおいて、末端を肥大させることは非常によろしくない。(断言)


・おもりに寄って鍛えられるのは、どの筋肉、どの部位と考えられていますか?本当に末端しか鍛えられないのでしょうか?
・足首、手首におもりをつけることと同時に「おもりベスト」を着込んだり、体幹を鍛えるトレーニングを同時にすることで解決出来るでしょうか?
・おもりをつけたままアジリティーを向上させるトレーニングメニューをこなすことでご指摘の危惧は解消出来るでしょうか?

引用:
足先、手先に重りをつけるようなトレーニングでは、自らそのような非効率的な動きを習得するために練習しているようなものであり、絶対にお勧めできない。


・おもりのトレーニングをしながら、なおかつご指摘の危惧を払拭する方法は皆無なのでしょうか?危惧される部分を補えば有効に働くのではないでしょうか?

引用:
慣性モーメントが働いてアジリティーに劣った選手になる。


このことについて、もう少し説明をお願い出来ないでしょうか?
サブ Re: コミットして頂ければ助かります。  /  投稿日時: 2006-9-3 8:22
へりくつ道場高段者
登録日: 2006-2-8
投稿: 126
年齢区分: 20歳以上
バレー暦: ウン十年
性別: 男性
司馬仲達さんへ返信します。

引用:
司馬仲達さんは書きました:
仰るとおりとは思いますが、個人的には成るべくそのつもりで書いてますが?
どの様な部分で問題があるのかご指摘いただければ幸いです。


「単純に頭ごなしに悪いと決めるより」
と書くのであれば、「単純に頭ごなしに悪い」と書いたように感じた書き込みの方に対して返信ボタンを押してスレッドを発展させるべきだと考えています。
ご理解頂けましたか?
もしかして、そうされていたのに私が誤解しているのでしょうか?
それであれば、たいへんです。私の読解力を恥じ、司馬仲達さんにお詫びします。

引用:
引用:
私はそう思うのですが、司馬仲達さんもご自分が書かれたコメントに対してまっすぐにコメントされた方が楽だと思いませんか?
ご自分の回答に対して返信がないと気になるでしょうし、コミットせずに違うところに書かれてしまう方が波風がなくて心が平和になりますか?


恐らく○○さんのブログの事を仰っていると想像しますが、お題に僕自身としてはお題にこのスレの事が記載されていたからそれについてコメントしたまでです。何か問題でも??
僕自身は特に曲がってるつもりはありませんが、僕の認識と違うようでしたらコメント下さい。


他所のブログや掲示板のことではなく、一つのスレッドの中で、直接コミットして書かないと参加している書き手が、自分のことを言われているか、どうなのかと疑心暗鬼になるので直接、コミットしてほしいという趣旨です。

ただし、掲示板のやりとりを仲間内の交歓が中心の別の掲示板やブログに応えて書き込まれても、それは世界中にオープンになっているのですから、その書き込みは慎重であられることを望みます。

引用:
引用:
掲示板に書く度にある意味波紋が起きるのは覚悟の上ではないのですか?

無論その様な事もあるとは思いますが、望みはしません。出来る限りスムーズなやり取りが出来る事を望みます。


直接、コミットをしてもスムーズなやりとりができるようお互いに心を尽くしましょう。
ナゾノヒデヨシ サブ氏へ  /  投稿日時: 2006-9-3 13:56
へりくつ道場師範
登録日: 2006-1-5
投稿: 715
年齢区分: 20歳以上
バレー暦: ウン十年
性別: 男性
  他の掲示板と言えば、まぁ大方ですね、どこかは判りますけどです。
  僕が言うのもなんなんですけど、まぁ、表現方法の違いが誤解を生みやすくもありでここはどうか・・・。正直者がお互い誤解しあってしまうのもネット社会の特性ですね。ネットの教祖は結局ネットの中でしかないのと正反対ですよ。
  それよりは、返答のいただけない方々が気になるのです。

  ますます、北の大地に行かねばですね。しかし、マイルを使い果たしそうです。(涙)
てつ お待ちしています  /  投稿日時: 2006-9-3 22:10
へりくつ道場高段者
登録日: 2006-1-6
投稿: 92
年齢区分: 20歳以上
バレー暦: 6年以上
性別: 男性
北の大地に来られる日を、心待ちにしております。
僕も・・・。

ようやくネットにむかえる生活になってきました!!
司馬仲達 もうやめましょう。  /  投稿日時: 2006-9-4 0:00
へりくつ道場師範
登録日: 2006-1-6
投稿: 500
年齢区分: 20歳以上
バレー暦: 6年以上
性別: 男性
>サブさん

既に主スレさんは不在でお題のおもりの議論からもかけ離れており平行線の無駄な議論が続くだけだと思います。

ご指摘の不快な思いをさせてしまったレスは訂正しておきます。
ツリー表示 | 新しいものから 前のスレッド | 次のスレッド | トップ


メイン >  1 - バレーボール技術戦術掲示板  > おもり

投稿するにはまず登録を
 
:: サイトメニュー
:: オススメ書籍

一見すると本書は、書店でよく見かける、大昔の常識をそのまま載せた入門書の仲間ようにも見えます。しかし、内容の誠実さは群を抜いて素晴らしいものがあります。

肩書きだけの入門書(元全日本など)とこの本とを同じようなものだと考えると、バレーボール人生において損をすることになるでしょう。

書店にも良く置いてありますのでぜひ一度手にとってご覧下さい。

『基本から戦術まで バレーボール』についての詳しい書評やコメントの投稿はこちら

:: アクセスカウンタ
今日 :47
昨日 :80
総計 :4986231
平均 :821
taquino.net