メイン >  4 - バレーボール応援・観戦・思い出掲示板  > 長い間ありがとうございました 。投稿するにはまず登録を
ツリー表示 | 新しいものから 前のスレッド | 次のスレッド | 下へ
投稿者 スレッド
芭麗人 長い間ありがとうございました 。  /  投稿日時: 2006-6-29 11:18
へりくつ道場黒帯
登録日: 2006-1-6
投稿: 65
年齢区分: 20歳以上
バレー暦: ウン十年
性別: 男性
考えあって芭麗人明日を持ってこの場からさります。つたない文章 いいかげんな考え などの書き込みでご迷惑をおかけました。
7月から新たなる旅立ちのための準備をはじめます チームは 加速度をつけて皆様の前に現れるとおもいます、そのときは応援よろしくお願いします。
何らかの形でお会いするときには是非お声をお掛け下さい(一生バレー好きですから)
チームの様子については・・違う形でここの場で報告がなされると思います。

ここが私の原点だった(二年前の書き込みより)

  197X年夏 『今も海が見えるでしょうか、そこは横須賀』

通勤途中の車のラヂオから山口百恵の曲が流れた。その瞬間私は30年近く前の自分に戻っていた。
大学紛争で授業がないのをいいことに、毎日毎日スポーツに音楽にと遊び呆け、しばらくの後紛争がおさまり学内が正常化してからも相変わらずの怠惰の生活を送っていた私に教授から呼び出しがかかった。

その頃日本列島はバレーブームで沸き返っていた。ミュンヘンオリンピックでの男子の金メダル。『アタック?癸院戞悒汽ぅ鵑?V』などのテレビ番組もそれに火をつけた。そのころ始まった『春の高校バレー』は甲子園をしのぐようなものに見えた。単純で熱しやすい私は、指導者になって『春の高校バレー』に出るぞ・・と毎日指導書を読み漁っては、経験者にバレーを教わっていて、
生意気にも『指導らしきことを始めてみたい』と思っていた。全く学生本来の姿には程遠い生活を送っていたのである。 

お叱りを覚悟していた私に教授はこう言った。
『この間K先生(私の直接の担当教官=現在教授)と君のことが話題になったのだけど、最近バレーボールに凝っていると言う話じゃないか。だいぶやるのかい。それに君は教員志望ということも聞いたよ』
私はたまらなく恥ずかしかった、成績がクラスでも最低で、お情けで進級をさせて貰ったものであったのだから…しかしずうずうしくも
「ハイどうしても教員になりたいと思っています」と口にでた・・これは本心であった。
『それならもう少し一生懸命勉強しなくてはいけないね。でも君のような、何事にも真剣(勉強以外のことだろう)になれる人の方が先生に向いているのかもしれない』
こんなことを言って下さった(勿論私に対する励ましであるのだろうけど)意外にもその次にこんな言葉がでた。
「今日呼んだのは他でもない、実は君に頼みたいことがあったのだ。先日うちの卒業生で横須賀の高校の教員をしているH君が尋ねて来て『新学期よりバレー部の顧問を任されて困っている、誰か手伝ってくれる者はいないか』との話しがあったのだ。その時K先生と話題になった君の顔が浮かんだんだ。どうだコーチとやらをやってみないか。」・・・・それはまるで夢のような偶然が重なってやって来た。
次の日私は横須賀にあるM学院高校(女子高)のH先輩を訪ねた。
(ミュンヘンなどの日本の活躍に触発されてお遊び程度のバレーを毎夜のように母校の体育館でやっていたが、プレーときたら全くお粗末な物であり柔道の選手であった私はボールに体当たりするようなもので、当然のように他人に教えるようなものではないことは言うまでもなかった。)
初めて選手と会った日私は手に包帯をしていった。バレーなど何も出来ないことをごまかす為であった・・そんな、はったりだけの男だったのである。
しかしそれからの私は前にも増して狂ったようにバレーの勉強をした。ママさんバレー選手にパスを教わった。バレー部OBの友人にサーブの打ち方を学んだ。ルールは教則本で学んだ、当然のように雑誌も定期購読をはじめた。聞くのも、見るのも何もかもが初めての体験だった。まして人に教えるなど。そんな私がコーチなのだから、いいかげんなものである。選手には本当に気の毒なことをした。
夜になると母校の体育館でレシーブの仕方を教えてもらい、家に帰ってから畳の上でドタンバタン。次の日にそれをもっともらしく選手に教えるのである。
(私は『アタックNO1』や『サインはV』の監督を夢見ていたのである。)
本当に馬鹿な男である。
その学校は横須賀の小高い丘の上にあった。日本の流行の最先端を行く(?)と言われた【どぶ板通り】(昼間は全く静かなものだが灯がともる時間になるとなんとも怪しげなところであり、横須賀に寄港する米軍の兵士相手の飲み屋が軒を連ねているといったところである。
学校までの道沿いには一見してそれとわかる人たちが生活していた)を横切り長い階段を登ると校舎があった。
テニスコート二面くらいの校庭とそれを取り囲む校舎そして小さな体育館、それがその女子高の全てだった。学校の階段を登る時、下校の為にすれ違う生徒の中には横須賀の子らしく洗練されたスタイルの生徒もいた。
(何もなかったのが今では残念に思う)  
そんな学校に毎日通った。
見よう見真似のコーチ生活であり、でたらめの指導しか出来ない私だった。当然のように選手との衝突もあったが、半年もすると少しは格好もつき(?)練習試合などでは勝つことも出きるようになった。
ある意味では苦闘であったが、何もかもが嘘まみれであった。
結果公式試合ではそれほどの成績をおさめることもなかったがあらためて
自分はこの道で生きるのだと思えるようになった。

しばらくの後、運良く静岡のS学園高校に数学の教師として採用されることになった。
そんな私と彼女らとの別れの日が来た。

静岡へ旅立つ前日『本当に全てにだらしがなくバレーなど全くやったこともなく、知らない者が『春の高校バレー』を見て指導者になりたいと言う自分の勝手な夢と、わがままでコーチをさせて貰った』
「えらそうなことばかりを言ったが、本当は僕は劣等生で取り柄も何も無い男だ」とお礼と、お詫びを言った。  それは全く言葉にならなかった。
それに対して彼女らはこんなことを言ってくれた
「コーチがあまりバレーが出来ないだろうと、すぐわかりました。でもある日、手や足そして額に擦り傷を作っているのに私達は気がついたのです。『きっと家に帰ってから練習しているんだ』そう皆で話したんですた・・だから・・私達・・私達・・皆で『コーチについて行こう』そう言ったのです」・・後が続かなかった。
 私も涙で言葉を続けることことが難しかったが、最後にこんなことを言った。
「ここで学んだことを、もう一度勉強しなおして、指導者として『いつの日か必ず春の高校バレーに出場する』から。それが僕の君たちに対するお礼だと思ってほしい」
挨拶をすませて例のように階段を降り始めると、眼の前にはいつもにもまして横須賀の海が青く光り輝いて見えた。

それから15年の後私は『春の高校バレー』に出場することが許された。
出場のお祝いの電報の中に彼女等からのそれを見つけたとき私は涙が出て止まらなかった。

今でも学校につながる長い階段を汗をかきながら登る自分と、選手達を夢見る。

フジやん こちらこそ、長い間ありがとうございました 。  /  投稿日時: 2006-6-29 13:02
へりくつ道場師範代
登録日: 2006-1-11
投稿: 207
年齢区分: 20歳以上
バレー暦: 6年以上
性別: 男性
朝、携帯をとることが出来ず、


「なんだろう?」、「学校に来い」というお誘いか?

と思いましたが、「そういうことですか・・・」


でも「お元気なうちは」書き込んで欲しいものです。こんな年下のレベルの低い指導者まがいの人間を心やさしく見てくださる人ですので・・・・


まあ、復活を思いっきり期待しています。百恵ちゃんのように「伝説」には、なって欲しくないです。
サク Re: 長い間ありがとうございました 。  /  投稿日時: 2006-6-29 13:05
へりくつ道場黒帯
登録日: 2006-1-10
投稿: 34
年齢区分: 20歳以上
バレー暦: 6年以上
性別: 男性
突然のことで驚きました。そう言えば別の掲示板で重大発表があるとか言われていたような・・・。

私が学生であったなら芭麗人先生に教わりたかった・・・そんな妄想をしておりました、どんなに厳しい練習でもこの先生とならばと・・・数々の素晴らしい書き込みはみんなの魂を揺さぶり続けたことでしょう。
私は仕事中にもかかわらず(コラコラ)涙を流したことが幾度となくあります。
書き込みしている今でもドキドキしています、大切な人がいなくなるようなあの感覚です(体の中の空気が抜けたみたい)
衝動的に書き込みをしているので何が何だかわかりませんが、こちらこそ感動をありがとうございました。
生まれ変わったら芭麗人先生にバレーボールを教わりたいです。
たれいらん こちらこそ、感謝の念で一杯です  /  投稿日時: 2006-6-29 13:23
管理人
登録日: 2005-12-8
投稿: 391
年齢区分: 20歳以上
バレー暦: ウン十年
性別: 男性
芭麗人先生、長い間私たちに感動の物語を届けてくださり、また指導者の謙虚な心やそれから生まれる温かいまなざしなどを伝えてくださり感謝の念で一杯です。私たちはそこから『魂』というものを感じ取ることができました。

芭麗人先生は何度かハンドルネームを変更されましたね。「芭麗人」というハンドルネームはよく「芭蕉人」と間違われておりました。実は私も最初勘違いしておりました。しかし、松尾芭蕉を思わせるような侘び寂びすらも感じさせる文章ですから、勘違いしたのも無理もないと開き直っております。その文章は何度ハンドルネームが変わっても、書き手の同一性を確信させる名文でした。

もう芭麗人先生のお話がここでは聴けないというのはものすごく寂しいことですが、お考えがあってのことということで、私ごときではお引止めするわけにも参りません。ですが、状況が許せば再び書き込みを始めていただきたいです。いつまでもお待ちしております。

ひとりのファンとして、芭麗人先生の今後のご活躍をお祈りさせていただきます。いままでありがとうございました。
じゅん@ 心配りの素晴らしい先生!  /  投稿日時: 2006-6-29 16:56
へりくつ道場高段者
登録日: 2006-1-17
投稿: 174
年齢区分: 20歳以上
バレー暦: ウン十年
性別: 男性
 昨日、私にまでお電話を下さいました。
ご本人は、さらっと「こうするから・・・」とおっしゃっていましたが、今考えるとその思いは幾ばくかと感じております。
人に対する思いとか、人を育てる先生、上手い言葉が出てきません。
大会中だったので、あまりお話できませんでしたが、冗談交じりにこそこそっとお話して下さった。色々なお話忘れません。
夕方、ゴン太先生からメールを頂いた内容が良く分かりました。
必ずお会いしに参ります。明日は先生の力を借りて頑張ってまいります!
ゴン太 先生はバレー界の救世主  /  投稿日時: 2006-6-29 19:09
へりくつ道場高段者
登録日: 2006-1-7
投稿: 86
年齢区分: 20歳以上
バレー暦: ウン十年
性別: 男性
 昨日、私などにまでわざわざお電話を下さいました。学校の廊下で携帯に耳を傾けながら、泣きました。このお方のこの崇高なまでのお考えに感動しながらも、そのお気持ちを思うとやはり切なくなってしまうのです。
引用:

サクさんは書きました:
生まれ変わったら芭麗人先生にバレーボールを教わりたいです。

いや、私はまだまだ今世で芭麗人先生にバレーボールを教わりたいです。私だけでなく、多くの若い者に先生のその『魂』を伝え広め揺さぶっていくのが先生のお仕事ではなかったですか!?
そう考えるのは私の甘えでしょうか?
これまで幾度もお話を拝読し、幾度も魂の揺さぶられてきた身でありながら、そのうちどれほどのものを学び取れているかわからない自分を省みず、いつまでも芭麗人先生に頼ってしまっているのでしょうか?

 横須賀のお話、わざわざウチの学校までお越し下さった時にも子供たちにお話ししてくださいましたね。あの時も思わず涙をこぼしておられました。三十数年たってもその気持ちを忘れない、忘れられない芭麗人先生。そんな先生に少しでも近づけるように、私もこれから頑張っていこうと思います。ですから先生、私達のことをどうか見ていてくださいね。
フリーダム Re: 長い間ありがとうございました 。  /  投稿日時: 2006-6-29 20:23
へりくつ道場黒帯
登録日: 2006-5-9
投稿: 30
年齢区分: 20歳以上
バレー暦: ウン十年
性別: 男性
突然のことで言葉になりません・・・。

数々の魂を揺さぶる書き込み本当に感動しました。
書き込みを始めて一ヶ月程ですが、これから少しづつお話を聞いて行こうと思っていた矢先のことなので残念でなりません。
でも決めたことですから芭麗人先生の新たなる旅立ちを遠くから応援しています。
短い間でしたが、ありがとうございました。

コヤック 松下村塾  /  投稿日時: 2006-6-29 20:40
へりくつ道場高段者
登録日: 2006-1-11
投稿: 118
年齢区分: 20歳以上
バレー暦: ウン十年
性別: 男性
私の生まれ故郷近くにはかの松下村塾があります.

皆様ご存知の通り,身分の隔てなく門下生を受け入れわずか3年ほどの期間だったにもかかわらず文字通りその後の日本を変える偉人を多数輩出致しました.

地元の人々は今でもその私塾の指導者を敬意をもって「松蔭先生」と呼んでおります.

芭麗人先生は「へりくつ」の,いや「バレー界」の松陰先生のようなお方だと思っております.

いつの日にか先生にお会いすることが私のバレーに携わる理由の一つです.楽しみにしております.
SNOW Re: 長い間ありがとうございました 。  /  投稿日時: 2006-6-29 22:27
へりくつ道場高段者
登録日: 2006-2-13
投稿: 150
年齢区分: 20歳以上
バレー暦: 6年以上
性別: 男性
芭麗人先生のお話はいつも為になるものばかりでした。

私のような若輩の言葉にも、一つ一つしっかり応えていただき、大変ありがたかったです。

いままで本当にありがとうございました。私も、芭麗人先生の復活お待ちしています。
ざぶたねこ ありがとうございました。  /  投稿日時: 2006-6-30 0:30
へりくつ道場師範代
登録日: 2006-1-6
投稿: 213
年齢区分: 20歳以上
バレー暦: ウン十年
性別: 男性
何度も、書いては消して、なかなか投稿できずにいました。

バレーの技術掲示板、数ある中で、へりくつをメインに訪れるようになったのは、芭先生の書き込みを見てからでした。

心、技、体 すべて揃った掲示板。へりくつバレーボール。

その 心 を担っておられた芭先生の断筆宣言。
とても残念であります。

しかし、その決断の潔さ。 それもまた多くの皆さんの 魂を揺さぶるものであったと思います。

それでも私、またへりくつにて、お会いできる日が、遠くないうちに来るよう、願ってやみません。

先生お疲れ様でした。ありがとうございました。


ハラマワリフトシ Re: 長い間ありがとうございました 。  /  投稿日時: 2006-6-30 1:10
へりくつ道場黒帯
登録日: 2006-1-8
投稿: 37
年齢区分: 20歳以上
バレー暦: 観戦専門です。
性別: 男性
事情はよく分かりませんが、先生が決めたことならばきっと素晴しいことだと思います。
またいつぞや魂を揺さぶられる日を待っております。
先生どうもありがとうございました。
ナゾノヒデヨシ uuu  /  投稿日時: 2006-6-30 11:25
へりくつ道場師範
登録日: 2006-1-5
投稿: 715
年齢区分: 20歳以上
バレー暦: ウン十年
性別: 男性
うーっ。パソコンが壊れていて抵抗できない・・・。
はな子 本当にありがとうございました。  /  投稿日時: 2006-6-30 12:40
へりくつ道場黒帯
登録日: 2006-1-17
投稿: 29
年齢区分: 20歳以上
バレー暦: 1年未満
性別: 女性
そうだったんですね。とっても寂しい気持ちでいっぱいです。
…というかショックです。
状況が飲み込めなくて、アッケラカンとしてた自分が恥ずかしいです(>_<)

でも芭先生のファンの一人として笑顔で送りだしたいです。

でもずっと待ってます。私もバレー頑張って今より上手になって、おばあちゃんになっても続けたいし、ずっとバレーに関わっていたいです。
マウリシオ Re: 長い間ありがとうございました 。  /  投稿日時: 2006-6-30 21:08
へりくつ道場黒帯
登録日: 2006-1-5
投稿: 46
年齢区分: 20歳以上
バレー暦: ウン十年
性別: 男性
今にして思えば、駄文にご反応いただき、見ず知らずの馬の骨の私に、丁寧かつ心を揺さぶられる内容のメールを頂戴してから、あっという間の日々でした。
でも、へりくつではお別れかもしれませんが、バレーボールという世間からはマイナーだがこちらからすれば大きなものでつがっていると思います。
これからも、すかたんチームとへたれ顧問をよろしくお願いします。
フジやん Re: 長い間ありがとうございました 。  /  投稿日時: 2006-6-30 21:32
へりくつ道場師範代
登録日: 2006-1-11
投稿: 207
年齢区分: 20歳以上
バレー暦: 6年以上
性別: 男性
昨日、お電話頂きました。

「アッケラカン」と話されたのが印象的というか、やっぱり一つ一つ「濃い」ですよ。


「やっぱ、ダメなんですかね〜」といえば、1から10以上の前後関係を丁寧に説明してもらえました。


「・・・・」 (だだっ子のフジやんです)



やっぱり、余談のお話が「また面白かった」です。芭先生らしい「一コマ」でした。
芭麗人 みなさん  /  投稿日時: 2006-6-30 23:56
へりくつ道場黒帯
登録日: 2006-1-6
投稿: 65
年齢区分: 20歳以上
バレー暦: ウン十年
性別: 男性
本当にアリガトウございました。これからも『へりくつ』で勉強をさせていただきます。
では
カテキン Re: 長い間ありがとうございました 。  /  投稿日時: 2006-7-1 23:24
へりくつ道場白帯
登録日: 2006-2-10
投稿: 8
年齢区分: 20歳以上
バレー暦: 6年以上
性別: 男性
 突然のことで驚きです。個人的に芭麗人さんの投稿はとても興味深いものばかりで、よく読ませていただきました。

 事情は知りませんが、芭麗人さんの新たな旅立ちを応援しています。
小雨 ありがとうございました!!  /  投稿日時: 2006-7-9 13:23
へりくつ道場白帯
登録日: 2006-4-30
投稿: 16
年齢区分: 15歳〜19歳
バレー暦: 1〜5年
性別: 女性
私が初めてここにきたときに、真っ先に返事を下さったのは芭麗人さんです。
それから、みなさんの書き込みを見ていて、ここにいるみなさんはとてつもなく大物、すごい人たちだってことに気付きました。芭麗人さんの魂を揺さぶる読み物を読んだりして、芭麗人さんは素晴らしい指導者の方だったんだって実感しました!!もう少し早く気付けばよかったです・・・。
芭麗人先生、初心者の私に、温かい書き込みをありがとうございました(><)
フリーダム Re: 長い間ありがとうございました 。  /  投稿日時: 2006-7-20 10:54
へりくつ道場黒帯
登録日: 2006-5-9
投稿: 30
年齢区分: 20歳以上
バレー暦: ウン十年
性別: 男性
引用:

芭麗人さんは書きました:
考えあって芭麗人明日を持ってこの場からさります。つたない文章 いいかげんな考え などの書き込みでご迷惑をおかけました。
7月から新たなる旅立ちのための準備をはじめます チームは 加速度をつけて皆様の前に現れるとおもいます、そのときは応援よろしくお願いします。
何らかの形でお会いするときには是非お声をお掛け下さい(一生バレー好きですから)
チームの様子については・・違う形でここの場で報告がなされると思います。



おはようございます。6月末の書き込みを最後に、新たなる旅立ちのための準備を進めてきた芭麗人先生の計画もスタートを切った頃だと思います。
二人三脚で頑張っていますか?
自分もこの7月15〜17日にT市で開催された大会に行ってきました。
結果は御存知かと思いますが、感極まって思わずベンチで涙を流してしまいました。選手と歌う校歌は最高ですね。これが自分にとっては 『最初で最後の高校バレーのベンチ』 となります。
本当に監督・子供達・父母会の皆さんに感謝の気持ちでいっぱいです。
そして御存知のとおり、これが3年生の最後の大会となります・・・本当は、このチームをインターハイで活躍させたかったです・・・
これで自分達も新チームとともに新たなるスタートを切りますが、また上を目指して子供達と夢を追いかけて行きます。

ツリー表示 | 新しいものから 前のスレッド | 次のスレッド | トップ


メイン >  4 - バレーボール応援・観戦・思い出掲示板  > 長い間ありがとうございました 。

投稿するにはまず登録を
 
:: サイトメニュー
:: オススメ書籍

一見すると本書は、書店でよく見かける、大昔の常識をそのまま載せた入門書の仲間ようにも見えます。しかし、内容の誠実さは群を抜いて素晴らしいものがあります。

肩書きだけの入門書(元全日本など)とこの本とを同じようなものだと考えると、バレーボール人生において損をすることになるでしょう。

書店にも良く置いてありますのでぜひ一度手にとってご覧下さい。

『基本から戦術まで バレーボール』についての詳しい書評やコメントの投稿はこちら

:: アクセスカウンタ
今日 :93
昨日 :264
総計 :4506537
平均 :896
taquino.net