戻る

サーブレシーブの受け方と、練習方法について
1 サーブレシーブの受け方と、練習方法について 2000/04/14 12:06:29
---
発言者 : JunJun     ---     ---
いつも、バレーボールの貴重な実践論を読んで、勉強させてもらっています。さて、私は中学校でバレーボール部の指導をしているんですが、サー
ブレシーブの指導の仕方が良く分かりません。基本的に腰を低く構えさせて、ボールの下に速く入り、あごを引いて、ヘソをセッターの方向に
向くように構え、ボールを腕に乗せるように受け、腕の受ける面もしっかりセッター方向を向くようにし、最後に足で運ぶように指導しています。
しかし、なかなか上達しません。どのような、指導をしていけばよいでしょうか。良いアドバイスと、良い練習の方法があれば教えてくださ
い。それから、スピードの速いサーブと、遅いサーブの受け方の違いについても教えていただければ幸いです。よろしくお願いします。

2 僭越ながら意見を述べます 2000/04/14 22:48:55
---
発言者 : たれいらん(管理人)     ---     ---
 JunJunさんこんにちは。
 個人的な意見ですが、私はJunJunさんのおっしゃるような「へそを
セッターのほうに向けて構える」サーブカットはあまり良くないと考えています。
詳しくは「たれいらんのへりくつ」の「アンダーパスの誤解」を読んで頂きたい
のですが、へそはサーブの来る方に向けるべきだと思います。
 それから腕の面作りですが、より正確に入射角と反射角について理解させると
よいのではないでしょうか。
 そのほかの「低く構える」などの記述は良いと思います。とくに「最後に足で
運ぶ」というのは大事でしょう。「最後に」というのがポイントです。
 (続く)

3 目的別に練習方法を書いて見ます。 2000/04/14 23:09:38
---
発言者 : たれいらん(管理人)     ---     ---
1.ボールの下に速く入るために
  サーブされたボールをサッカーのももトラップやヘディングする練習。
 ももトラップはアンダーカット、ヘディングはオーバーカットの練習です。
2.入射角、反射角を身体で理解するために
  セッターを斜め前45度以上の角度に見るかたちでサーブカットの練習。
 最初はゆるいサーブで構いません。出来れば軽くドライブをかけてとりやすい
 サーブを打ち、入射角・反射角を意識できる様にした方が良いでしょう。

 速いサーブと遅いサーブの処理方法ですが、遅いサーブはオーバーカットする
のがベストです。速いサーブは伸びがちですので、オーバーカットに切りかえる
準備をしつつアンダーカットをするのが良いでしょう。

4 教え方 2000/04/15 11:09:21
---
発言者 : 体当たりコーチ     ---     ---
JunJunさんのおっしゃる理論があってる間違ってるはともかく
中学生はそんなにたくさんのことを意識して
プレーできないと思います。
まずは、面をしっかりつくってうまくあてることだけを
意識させて指導してみてはいかがでしょうか。
あとは段階を踏むということです。
だんだん距離を増やしましょう。
はじめは3mくらいでいいのではないでしょうか。
10〜15mの距離からとんでくるボールをレシーブできなければ
じゃあ何メートルの距離までのボールはうまくレシーブできて
何メートルからの距離からはうまくレシーブできないのか
をチームの状況から判断し
その分かれめの距離からのサーブをレシーブさせるのが
最も上達のはやい練習だと思います。
中学生は伸びが速いので
どんどんレベルアップできます。
生徒もそれを実感すると自信を持つでしょう。
達成感を提供するのも指導の秘訣ではないでしょうか。
(続く)

5 つけたし 2000/04/15 11:20:20
---
発言者 : 体当たりコーチ     ---     ---
サーバーからレシーバーまでの距離に段階をつけることを申し上げましたが
レシーバーからセッターまでの距離にも段階をつけることが考えられます。
サーブレシーブでは面にうまく当ててサーブの勢いを殺す
というのを初期段階の達成目標にしましょう。
サーブレシーブはかなり強いサーブでも
1mくらい離れた距離のセッター(もちろんネット際にいなくてよい)
に返せることが大事だと考えます。
距離が短くても
うまくボールをコントロールするのは結構難しいです。
長い距離がいきなりできるはずありません。
短い距離ができるようになってから少しずつ距離を離していくのが
よいのではないでしょうか。

6 抽象的には 2000/04/15 14:33:28
---
発言者 : たれいらん(管理人)     ---     ---
 体当たりコーチさんこんにちは。
 さて、おっしゃる様に中学生はいっぺんにたくさんのことを意識してプレーは
出来ないかもしれませんが、目的意識をしっかり持たせてやれば一つ一つの
チェックポイントはクリアできるでしょう。
 私も段階を踏むことには賛成ですが、最終的にはたくさんのチェックポイントを
クリアさせてあげなければならないと思います。段階を踏むと言うのはそのための
手段なのです。意識させたい目的に応じて練習を変えると言うことです。
 そして目的意識とは適切なものでなければなりません。何が適切な目的意識なのか
と言う点にはいろいろな意見もあり、私が上で述べたことはその一つの意見に
すぎません。JunJunさんのほうで取捨選択して頂くべきものなのでしょう。
(続く)

7 具体的には 2000/04/15 14:55:46
---
発言者 : たれいらん(管理人)     ---     ---
 せっかくですので目的意識別に練習方法を追加してみます。
(もちろん一例に過ぎません)
3.低く構えるために
  この掲示板の「反射角は?」の項に書いたひざの高さでアンダーパス
 をする練習が良いでしょう。
4.ボールを載せるように受けるために
  体当たりコーチさんのおっしゃる距離を短くしたカット練習が有効でしょう。
5.最後に足で運ぶために
  9メートル連続アンダーパスが良いでしょう。足の力をしっかりボールまで
 伝えなければ続きませんから。二人で行っても良いですが、発展版として
 三人で三角になって十周二セット(左右回り)などをやると良いでしょう。

 なお、距離を短くした練習方法は4の練習だけでなく、難易度を下げるため
他の練習に組み合わせて使うのも良いと思います。

8 ありがとうございました! 2000/04/15 16:40:57
---
発言者 : JunJun     ---     ---
本当にありがとうございました。私も、自分でもバレーボールを17年続けており、練習試合で他の監督さんからもいろいろとお話を聞くのですが、やっぱりなかなか聞きにくいところもあって、こんなに科学的に論理的に答えをいただけるなんて、感激のきわみです。早速、じっくりと吟味させていただいて、生徒たちに還元させていただきたいと思います。今後ともよろしくお願いします。